スマホ初心者にもおすすめできる格安SIMはコチラ >>

【初心者向け】はじめての格安SIM選びに失敗しないための5つのコツ

お悩みの男性

月々のスマホ代を節約したいんだけど、格安SIMって実際どうなんだろう?

お悩みの女性

格安SIMに乗り換えた後に後悔したくないから、「選ぶコツ」とかを詳しく知りたい!

こんな疑問を解決致します。

本記事の内容

・格安SIMとはそもそも何か【初心者向けに解説】

・格安SIM選びに失敗しないためのコツ【5つ】

・格安SIMへのお乗り換え手順

いきなりですが、大手携帯会社(au・ドコモ・ソフトバンク)から「格安SIM」にお乗り換えすると、どのくらい節約できるかご存じでしょうか?

答えは、平均で月々5,697円の節約に成功しているようです。

MMD研究所の調査によると、

大手携帯会社の月額平均が「8,450円」

格安SIMの平均月額が「2,753円」

あくまで「平均月額」なので、もっと安く使われている方ももちろんいます。

とはいえ、圧倒的に節約できる方がほとんど!

月々5,000円もスマホ代が安くなれば、年間で60,000円も節約できるので、家計への影響力はハンパないですよね!

そんな格安SIMですが、最近では会社が増えすぎて、どれを選べばいいか分かりにくくなっているのが悩み…。

「とにかく安いのがいい!」といってなんとなく選んだら失敗した..。という事例もよく聞きます。

そこで、今回は現役販売員の私が格安SIM選びで失敗しないためのコツを5つ厳選して紹介させていただきます!

本記事を読めば、「失敗しない格安SIMの選び方」が分かるようになりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

【初心者向け】格安SIMってそもそも何?

格安SIMは、大手ケータイ会社から通信設備を借りることにより、大手よりも格安での料金提供が可能になった「SIMカード」のこと。

あゆみ

そもそもSIMカードって何だろう…。

ぴろ

ざっくりいうと、「携帯会社で契約しているプランを利用するため」に端末に差し込むカードのことだよ。

「SIMカード」があることにより、以下のことができるようになります。

  • 通話
  • メール
  • Wi-Fiがないもとでのインターネットの接続

逆にSIMカードが入っていないスマホでは、Wi-Fiがないと上記のことができずに使い物にならないので注意。

まとめると、「プランの利用料=SIMの利用料」というイメージ

格安SIMはこの「SIMの利用料」が格段に安いんです!

大手携帯会社の月額平均が「8,450円」

格安SIMの平均月額が「2,753円」

あゆみ

なんで格安SIMはそんなに安いの?

ぴろ

大手から通信設備を借りてサービスを提供しているからだね。

通信設備を維持するためのコスト」や店舗運営をあまりしていないなどの「運営費用」を節約できている分、格安でのサービス提供ができているんだよ!

ただし、デメリットもあります。

  • 通信回線を借りているので、時間帯によっては通信速度が遅くなる可能性がある
  • 店舗運営がほとんどないので、「対面でのサポート」ができない場合が多い
  • キャリアメールアドレスが使えない

他にもいくつかデメリットに感じる部分もありますが、代表的なのは上記の3つですね。

「デメリットが気になる…。」という方も多いとは思いますが、月々5,000円近く節約できたら年間60,000円も変わってくるので、デメリットと向き合って前向きに検討することをおすすめします。

具体例でいうと

  • 通信速度が遅くなる → そこまで「高速通信」が必要か?
  • 対面でのサポートができない → 電話やWEBでオペレーターに質問は可能
  • キャリアメールアドレスが使えない →「Gmailアドレス」に切り替えよう

などのように、見直せる点もあるので、面倒くさがらずによく考えましょうね!

格安SIM選びに失敗しないための5つのコツ

格安SIMを選ぶ際に、「事前に知っておかないと失敗してしまう」という項目がいくつかあるので紹介しておきます。

逆に言えば、以下の項目さえ押さえておけば格安SIM選びで失敗する可能性を極限に減らせますよ!

5つのコツ

  1. 月々のデータ使用量を把握しておく
  2. 自分がどのくらい通話をするのかを把握しておく
  3. 通信速度が遅くなると「どのくらい困るか」を再確認
  4. 自分の普段のスマホの使い方を再確認
  5. 解約金や最低利用期間はあるかの確認

【コツ1】自分の月々のデータ使用量を把握すること

あなたは「月々のデータ使用量」を把握してますか?

思っていたよりも「データを使っていない」場合やその逆もよくあることです。

自分自身のスマホの使い方に合った「ムダのないプラン」を選ぶためには「月々のデータ使用量」は確認必須

また、データ使用量を把握しておくことで、選ぼうとしている格安SIM会社に「自分の使い方に合ったプランがあるのか」を事前に知ることも可能!

月々のデータ使用量に関しては、携帯会社各社のマイページから確認することができます。

  • データ通信量をほとんど使わないのに「大容量プラン」を契約する
  • データ通信量をかなり使うのに「低容量プラン」を契約する

上記のようなことにならないように、自分の月々のデータ使用量は把握しておきましょうね!

【コツ2】自分がどのくらい通話をするのかを把握すること【通話かけ放題が必要かどうか】

格安SIM選びでは、「自分がどのくらい通話するのか」を知ることはめちゃくちゃ重要。

理由は、月々の料金に直接影響する項目だからですね。

「仕事で通話をよくする人」・「LINE通話を使えないやり取りをよくする人」は通話料金が高くなりがち

「格安SIMに乗り換えて安くなったけど、通話をたくさんしてしまって結局料金が高くなってしまった…。」

なんてことになりかねません。

通話料金を無駄に支払わないためにも、「自分の通話時間に合った通話オプション」を提供している会社を選びましょうね!

また、格安SIMの多くは「通話24時間かけ放題」のオプションを提供しておりません。

長電話をすることが多い方は、以下の会社であれば通話24時間かけ放題があるのでチェックしてみてください。

【コツ3】通信速度が遅くなるとどのくらい困るかを再確認する【思ったより困らない方も多い】

格安SIMの多くは、「お昼」や「深夜帯」などの混雑した時間帯に通信速度が遅くなります。

しかし度合いによりますが、通信速度が遅くなることで「めちゃくちゃ困る」という方は割と少ないんですよね…。

  • データを使うときは「Wi-Fi環境」にいることが多い
  • 「ある程度知名度のある格安SIM」なら通信速度が多少遅く感じることがあっても使い物にならない」ほど遅いことはあまりない
  • データ通信速度が遅くても「通話」には影響しないことがほとんど

要は、「高速通信」が必須になる使い方をしている方は意外と少ないんですよね…。

高速通信が必要な作業

オンラインゲーム → Wi-Fi環境以外でやる?

株などの細かい動きが大切になるもの → 一般の方は少ない(はず)

動画のアップロード → LINEで動画を送るときは少し遅い

高画質な動画の視聴 →「標準画質」ではだめ?

上記のような作業をあまりしないなら、大手で月々高い料金を支払ってまで「通信速度の質」に執着するのももったいないかと個人的には思います。

また、「通信速度の質」は3段階に分けられます。

  1. 遅すぎて使い物にならない
  2. 普段使いには困らないけれど、時間帯によって速度が遅い場合がある
  3. 大手携帯会社とほぼ変わらない通信速度

正直、①に関しては「聞いたことのないような格安SIM」を選ぶとたまに起こります。

決して多くはありませんが、もし自分が格安SIMを選ぶ際は事前に口コミなどを確認しましょう。

注目すべきは②と③

先に言っておくと、格安SIMの中で最も有名なUQモバイルワイモバイル③に当てはまります。

この2社は、「格安SIMの中では多少料金は割高」になってはいますが、「大手携帯会社とほとんど変わらない通信速度」で使えることでも有名。

格安SIMの中で「一定時間でも通信速度が遅くなるのは嫌だ」という人は③に該当する会社を選べばOKですね!

では、②の「普段使いには困らないけれど時間帯によって通信速度が遅くなる場合がある」のはどんな会社か。

結論、主要な格安SIMのほとんどが②の特徴です。

✅ ②の格安SIM例

  • BIGLOBEモバイル
  • mineo
  • OCNモバイルONE
  • IIJmio
  • LINEモバイル
  • 楽天モバイル(一応大手)

    などなど

②の特徴をもつ格安SIMは、混雑する時間帯に「通信速度が多少遅くなる」場合はありますが、「UQモバイル」・「ワイモバイル」に比べて平均で月々500円~1,000円ほど安く使えます。

月々1,000円も安ければ「年間で12,000円」もの差が出てくるので、ばかにできませんよね?

年間12,000円の節約=光回線(月々約6,000円)の支払いが2回分実質タダになる

通信速度を多少妥協してでも「とにかく料金を安くしたい」という方は②に該当する格安SIM会社を選びましょう。

【コツ4】自分がどのようなスマホの使い方をしているのかを確認する

より自分に合った格安SIMを選ぶためには、「自分がどのようなことにデータ通信量を使っているか」はとても重要。

理由は、格安SIMの中には「カウントフリーサービス」を提供している会社があるからです。

カウントフリーサービス

「対象サービス」をデータ消費せずに無制限で使うことができる機能のこと。

カウントフリーサービスの「対象サービス」に関しては、格安SIM会社によって異なります

  • YouTube
  • Twitter・Instagram・LINEなどの「SNSサービス」
  • Apple Musicなどの「音楽サービス」
  • ゲームアプリ

    などなど

自分が「特定のサービスにデータを多く使う」とわかっていれば、そのサービスを「カウントフリー」で提供している格安SIM会社を選ぶことが可能というわけですね。

それによって「ムダのない料金プラン」を選ぶことができて「節約」にもつながるので、自分のスマホの使い方は把握しておきましょう!

【コツ5】解約金や最低利用期間はあるかの確認

格安SIM会社の「解約金」・「最低利用期間」はどのようになっているか

これはマジで重要です。

理由は「解約金」・「最低利用期間」を知っておかないと、お乗り換えで失敗したときのリスクが大きいから。

現在のケータイ業界で提供されているプランの多くは、「解約金0円~1,000円」・「最低利用期間なし・または1年」というのが主流。

しかし、たまに「解約金が1万円近くかかる」・「最低利用期間は2年以上」といった厳しい条件の会社もあります。

乗り換えてみたものの、格安SIMの電波があまりにも悪く、「すぐに別の会社にお乗り換えしたい!」という可能性も0ではないですよね?

そういった方でも「リスクなく安心して乗り換える」ために、お乗り換え先の「解約金」・「最低利用期間」は必ず確認しましょう

格安SIMにお乗り換えする流れ【ざっくり説明】

✅ 格安SIMにお乗り換えする手順は以下。

  1. プランを決める
  2. MNP予約番号の取得
  3. SIMロック解除をする(端末をそのまま使う場合)
  4. 格安SIMのお申込み・契約
  5. 初期設定をする
  6. 完了
ぴろ

順に解説していきますね。

【お乗り換えSTEP1】プランを決める

まずは「格安SIM会社」とその「プラン」を決めましょう。

「格安SIMを選ぶコツ」でも出てきましたが、以下の3点を必ず確認すべし!

  • 月々利用するデータ通信量
  • どのくらい通話をするか
  • どのようなスマホの使い方をしているか

格安SIM会社の種類はかなり多いので、「どの会社にすればいいか分からない」という方は格安SIMを選ぶ基準は?現役販売員がガチでおすすめする格安SIM3選を参考にしてくださいね。

【お乗り換えSTEP2】MNP予約番号の取得

ステップ2は、「MNP予約番号の取得」です。

他社からのお乗り換え時のみで使うので、「新規で電話番号が欲しい」という方は飛ばしてOK。

MNP予約番号とは?

携帯会社を乗り換えする際に、「乗り換え元の会社」から取得する10ケタの番号。

MNP予約番号がないと、電話番号を引き継ぎできないので注意。

MNP予約番号は、「店舗・電話・WEB」の3つの手段で取得することが可能です。

ぴろ

おすすめは電話での取得!

「電話での取得」なら店舗に行く手間がなく、解約金や手数料などの気になる点を直接オペレーターにきけますよ!

✅ 携帯会社各社の電話番号

  • au=「0077-75470」
  • ドコモ=「151」または「0120-800-000」
  • ソフトバンク=「*5533」

注意ポイント!

MNP予約番号は、取得してから15日間の有効期限があります。

期限切れになると再度取得をしなければならないので注意。

ぴろ

MNP予約番号は、「お申込みの前日か当日あたり」に取得するのがおすすめですね。

また、MNPの予約番号についてはMNP予約番号とは?注意事項や手続き方法を携帯販売員が徹底解説!にて紹介しているのでぜひ参考に。

【お乗り換えSTEP3】SIMロック解除をする(スマホ端末をそのまま使ってお乗り換えする場合)

格安SIMに変える際にお申込みの種類は大まかに分けると2つあります。

  1. 「SIMカード」+「スマホ端末」のお申し込み
  2. SIMカードのみのお申込み

ご自身で準備したスマホ端末をそのまま使って格安SIMにお乗り換えしたい場合は、②のお申込みになります。

ただし、自分でスマホ端末を準備する際は、その端末が「SIMロック解除」されているかの確認が必須。

SIMロック解除とは?

スマホ端末(大手で購入したもの)には、購入した会社の回線でしか使えないように制限(ロック)がかけられている。

その制限を解除することを「SIMロック解除」という。

「SIMロック解除」を行わないと、「スマホ端末に契約したSIMを入れても反応しない」という場合があるので、ご自身で

スマホ端末を準備した際は必ず確認しましょう。

「SIMロック解除」は、携帯会社各社のマイページから手続きが可能!

  • au→ My auでSIMロック解除する
  • ドコモ→ My docomoでSIMロック解除する
  • ソフトバンク→ My softbankでSIMロック解除する

「どうしてもマイページでは不安」という場合は、大手携帯会社各社のショップにて手続きを行うことも可能ですが、手数料(3,000円ほど)がかかるので要注意!

【お乗り換えSTEP4】格安SIMのお申込み・契約

「プラン」を決めて「MNP予約番号」をとり、スマホ端末の「SIMロック解除」を行ったら、いよいよお申込みですね。

格安SIMのお申込み方法は、2つあります。

  • 店舗のお申込み
  • WEBでのお申込み

結論から言うと、ほとんどの格安SIMはWEBでのお申込みがメインになります。

また、店舗(家電量販店やショップ)でのお申込みを受け付けている格安SIMも一部ありますが、WEBでのお申込みに比べるとキャンペーンが少ない場合が多いので正直あまりおすすめできません。

WEBでのお申込みは、以下の手順で行います。

  1. 基本情報の入力(お申込み内容や個人情報、支払い方法など)
  2. 入力した情報の確認をしてお申込み
  3. 本人確認書類のアップロード(写真提出)
ぴろ

画面の指示に従うだけのカンタン作業。
ぶっちゃけ5分~10分くらいで終わりますよ!

あまりイメージできず不安な方は、私が実際に「BIGLOBEモバイル」をお申込みした際のお申込み手順を画像付きでまとめて解説しましたので、参考にしてみてくださいね。

【お乗り換えSTEP5】初期設定を行う

最後は、初期設定です。

初期設定は大きく分けて以下の2つ。

  • 回線切り替え手続き
  • APN設定

ちなみに、iPhoneの場合は「APN設定」の際に「Wi-Fi環境」が必須なので注意。

✅ 回線切り替え手続き

回線切り替え手続きは、SIMカードが自宅に届いたらまず最初に行うこと。

前に使っていた会社から格安SIM会社へと「通信回線を切り替える」ために必要な作業ですね。

・乗り換え先の格安SIM会社のマイページから手続き

・格安SIM会社のサポートセンターに電話

上記のいずれかで簡単に行うことができます。

「回線切り替え手続き」をして、乗り換え元の会社の電波が使えなくなったのを確認したら、「届いたSIM」をスマホ端末に差し込みましょう。

✅ APN設定

APN設定とは、「回線切り替え」→「スマホ端末にSIMカードをいれる」→「スマホをWi-Fiにつなげる」という流れを行った後の最後の設定。

APN設定は「Access Point Name」の略。

ざっくりいうと「格安SIMの電波を受信するための「中継地点」をスマホにいれる作業。

APN設定を行わないと、「格安SIMの電波が受信できず通信が行えない」なんてことがあるので、必ず忘れないようにしてください。

専門用語で難しそうに聞こえますが、格安SIM会社から送られてくる「設定ガイド」を見ながら行えば5分程度でできるカンタンな作業。

ぴろ

ぶっちゃけ文字を読めれば誰でもできると思うので安心してくださいね!

一応、「何もわからないまま説明書を読めと言われても…。」という方のために写真付きで解説している記事を用意しましたので、ぜひ参考に。

上記の記事は「BIGLOBEモバイル」のAPN設定方法ですが、他の格安SIMでも基本的に流れは同じなので、ご安心を!

このAPN設定ができたら、お乗り換え作業は完了です。

まとめ

以上、【初心者向け】はじめての格安SIM選びに失敗しないための5つのコツを紹介させていただきました!

最後に内容をまとめておきます。

格安SIMとは?

  • 大手から回線設備を借りている携帯会社
  • 混雑時に通信速度が遅くなる場合がある
  • 大手に比べてめちゃくちゃ料金が安い

格安SIMを選ぶコツ【5つ】

  1. 月々のデータ通信量を把握する
  2. 月々どのくらい通話するのかを把握する
  3. 通信速度が遅くなるとどのくらい困るかを再確認する
  4. 自分がどのようなスマホの使い方をしているかの確認
  5. 解約金・最低利用期間はあるかの確認

格安SIMにお乗り換えする流れ

  1. プランを決める
  2. MNP予約番号を取得する(お乗り換えの場合)
  3. スマホをSIMロック解除する(端末をそのまま使う場合)
  4. 格安SIMのお申込み・契約
  5. 初期設定を行う(回線切り替え&APN設定)
  6. 完了

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役ケータイ販売員が業界の知識を活かして、格安SIMの情報を発信しています。お乗り換えで失敗しないように「わかりやすく」を意識して解説していきますので、ぜひ参考にしていただけたらうれしいです!

コメント

コメントする

目次
閉じる