スマホ初心者にもおすすめできる格安SIMはコチラ >>

【楽天モバイル】契約して後悔した事例7つとおすすめできる人を現役販売員が解説!

お悩みの男性

「スマホ代を節約するのに楽天モバイルは最強」って聞いたんだけど、乗り換えて後悔しないか不安…。

お悩みの女性

楽天モバイルを契約後に後悔したくないから、乗り換えの注意点とかを事前に知っておきたい。

こんな疑問をサクッと解決します。

本記事でわかること
  • 楽天モバイルを契約したら後悔するかどうか
  • 楽天モバイルを契約して後悔している事例7つ
  • 楽天モバイルのサービス内容
  • 楽天モバイルを契約するメリット4つ
  • 楽天モバイルでよくある質問
  • 楽天モバイルをおすすめできる人

コスパを極めたケータイ会社」として有名な楽天モバイル。

  • 1GB以下なら永年0円
  • 申し込みから3ヶ月間0円
  • 申し込んだ時点でプラスになるほどのキャンペーン特典
  • データ使い放題・電話し放題なのに格安で使える

などのぶっ飛んだサービス内容で、ユーザーが爆発的に増えています。

しかし、実は「楽天モバイルを選んで後悔している」という声もちょくちょく聞くんですよね…。

本記事では、「楽天モバイルを契約して後悔した」という実際の事例をもとに、注意点を解説していきます。

ぴろ

私自身も楽天モバイルを契約しているので、リアルな感想を紹介していきますね。

\3カ月無料キャンペーン中/

プロフィール
目次

【結論】楽天モバイルを契約したら後悔するの?

結論、楽天モバイルを契約して後悔するかどうかは人によります。

というのも、主に契約して後悔している方の多くは、楽天モバイルのサービス特徴を、詳しく知らないまま契約している場合がほとんどだからですね。

例えば、楽天モバイルの中でも後悔しやすいポイントは、「通信の安定面」と「サポート面」。

ぴろ

やはり、新しいサービスなだけあって、不安要素はそれなりにあるんです、、

でも、楽天モバイルには、デメリット以上にお得な特典やキャンペーンがあるんですよね。

ぶっちゃけ、「後悔事例を知ったうえで、それでも契約してみる!」という方なら、特典面を踏まえてもまず後悔することはないはず。

なので以下では、「楽天モバイルを契約した後に起こりえる後悔事例」とその対策について掘り下げていきます。

楽天モバイルの後悔事例7選

楽天モバイルを契約して、後悔している事例は以下のとおり。

  • 契約したけど圏外で使えない
  • 楽天回線エリア外でサービス恩恵が少ない
  • キャンペーン特典付与条件を確認していなかった
  • 今使っているスマホが楽天モバイルに対応していない
  • 乗り換え元のキャリアメールが使えない
  • 契約後のサポート力が弱い
  • 専用アプリを使わないと「通話」・「SMS」が無料にならない

上記を事前に知っていないと、契約した後に後悔する可能性があるので、しっかり確認しておきましょう。

契約したけど「圏外」で使えない

楽天モバイルを契約したけれど、「圏外」で使えない

このように後悔している方が意外と多いです。

楽天モバイルは現在、「楽天回線(自社回線)」と「パートナー回線(au回線)」の2つの電波を提供しています。

ぴろ

「楽天回線」の提供エリアがまだ少ない分、「au回線」を借りることによって、サービスエリアをカバーしているわけですね。

とはいえ、楽天モバイルはプラチナバンドに対応していないので、「圏外」になることがあるようです。

プラチナバンドとは?

一言でいうと、つながりやすい電波。

700〜900MHz帯の低い周波数で、建物などの「障害物」を通しても、圏外になりにくいのが特徴。

楽天モバイルは、プラチナバンドの必要な地域や建物の中だと、どうしても「圏外」になりがち…。

ぴろ

契約してから後悔しないように注意しましょう。

楽天回線エリア外でサービス恩恵が少ない

契約したけれど、「楽天回線エリア外」で、サービス恩恵を受けられずに後悔しているという人もいます。

楽天モバイルは、月額3,278円(税込)で「データ使い放題」と話題になっていますが、これは全てのユーザーが対象ではありません。

ぴろ

「楽天回線」が提供されていない、いわゆる「パートナー回線エリア」の方だと、月5GBまでしかデータ通信量を使えないんですよね…。

  • 楽天回線エリア=無制限
  • パートナー回線エリア=月5ギガ

データをたくさん使いたい。けれども「パートナー回線エリアでの利用」という方に関しては、楽天モバイルはあまりおすすめできないと言えます。

キャンペーン特典付与条件を確認していなかった

キャンペーン特典を受けるための条件を確認しておらず、後悔したという方も多いです。

楽天モバイルでは、新規・乗り換えでお申し込みの方に、「大量の楽天ポイント」を還元しています。

ぴろ

しかし、ポイント受け取りの条件をクリアしないと、還元されないので注意しましょう!

主な特典受け取り条件

  • 新規・MNP(他社から乗り換え)・楽天モバイル旧プランからのプラン変更であること。
  • お申し込み翌月末日の23:59までに、「対象製品」にて「Rakuten UN-LIMIT VI」のプランを開始
  • 「Rakuten UN-LIMIT VI」お申し込みの翌月末日の23:59までに、「Rakuten Link」のご利用

こんな感じです。

ポイントを受け取れずに後悔した方は、以下のパターンが多いので要チェックすべし!

  • 「対象製品」を使わずに楽天モバイルを開始してしまった(SIMのみのお申し込みで多いです)
  • 「Rakuten Link」アプリを期限内に使わなかった

公式には、「特典受け取りの対象外になるケース」も説明されているので、お申し込み前に必ず確認しましょうね!

\3カ月無料キャンペーン中/

今使っているスマホが楽天モバイルに対応していない

結論、今使っているスマホをそのまま使って、「SIMのみ」で楽天モバイルを契約予定の方は要注意です。

理由としては、今使っているスマホが必ずしも楽天モバイルに対応しているとは限らないからですね。

例えば、ソフトバンクで販売していた「Google Pixel 3a」などの人気機種。

公式より引用

この機種は、公式によると「ご利用いただけません」とあります。

他にも、「一部機能がご利用できません」などの機種もあったりはするので、後悔しない様に必ず確認しましょう。

公式より引用

確認手順は以下です。

  1. 楽天モバイルの「ご利用製品の対応状況確認」を開く
  2. 「選択肢から選んで調べる」と言う項目の「スマートフォン」を選択
  3. 今使っているスマホのメーカーを選択
  4. 使っているスマホをどこで購入したかを選択
  5. 使っている機種名を選択
  6. 完了

ちなみに、自分の使っているスマホの名前がよくわからない場合は、以下の方法で確認可能。

iPhoneの場合

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」を開く
  3. 「情報」を開いて中にある「機種名」を確認
  4. 完了

Androidの場合

  1. スマホ本体の後ろに記載
  2. 記載がない場合は、「設定アプリ」→「デバイス情報」等の項目で確認(機種やバージョンによって異なる)

楽天モバイルでSIMのみでの契約をする場合は、要チェックしましょうね!

乗り換え元のキャリアメールが使えない

結論、楽天モバイルに乗り換えると、元のケータイ会社で提供していた「キャリアメールアドレス」を引き継ぐことができません。

キャリアメール例

  • au→@ezweb.ne.jp
  • docomo→@docomo.ne.jp
  • softbank→@softbank.ne.jp
  • ワイモバイル→@ymobile.ne.jp
  • UQモバイル→@uqmobile.jp

など。

上記のようなアドレスに関しては、楽天モバイルに限らず、ケータイ会社を乗り換える際に必ず消えてしまうメールアドレスなので、要注意!

ぴろ

学校の連絡先・ショッピングサイトへの登録等で、キャリアメールを利用している場合は、必ずGmailなどの「フリーメール」に切り替えておきましょうね。

契約後のサポート力が弱い

楽天モバイルを契約した人の中では、「サポート体制が悪くて後悔した」と言う方もいるようです。

原因は主に、電話・チャットでのサポート。

ぴろ

なかなか繋がりにくいので、問い合わせに時間がかかるようです…。

幸い、楽天モバイルは一部の家電量販店などでも取扱いはあるので、そちらで相談してみるのも一つの手ですね!

専用アプリを使わないと「通話」・「SMS」が無料にならない

楽天モバイルは、「通話」・「SMS」を無料で使うことができます

しかし、それには必ず「Rakuten Link」が必要になるんですよね。

「Rakuten Link」は、楽天モバイルが提供している専用アプリ。

ぴろ

「Rakuten Link」から「通話」・「SMS」を利用しないと、フツーにお金がかかるので注意!

私自身も、今までのクセで普通の通話アプリから電話をかけがちなので、気をつけなきゃです…(笑)

【後悔なし】楽天モバイルのサービス内容

楽天モバイルの料金プランは次のとおり。

Rakuten UN-LIMIT VI
データ通信量 料金
0~1GB 0円/月
(2回線目以降:1078円)
1GB~3GB 1,078円/月
3GB~20GB 2,178円/月
20GB超過後~無制限 3,278円/月

※ 楽天回線エリア外(パートナー回線エリア)の場合、5GB/月以上のデータ通信量を使ったら速度制限(最大1Mbps)がかかるので、注意。

楽天モバイルの簡単な特徴は以下のとおり。

楽天回線提供エリアと、パートナー回線エリアで使い勝手が違うのがわかりますね。

【後悔しない理由】楽天モバイルを契約するメリット4つ

続いて、楽天モバイルを契約するメリットを紹介していきます。

  • 圧倒的キャンペーンの強さ
  • 月額料金がとにかく安い
  • 解約金・最低利用期間がない
  • 楽天ひかりとセットでさらにお得に
ぴろ

順に見ていきましょう。

【メリット1】圧倒的キャンペーンの強さ

やはり1番のメリットは、「圧倒的キャンペーンの強さ」です。

分かる人にはわかりますが、楽天モバイルは「デメリットなしで契約できるケータイ会社」なんですよね。

理由は次の通り。

  • 解約金・最低利用期間なし
  • 事務手数料なし
  • お申し込みから3ヶ月間無料
  • お申し込みで楽天ポイントを大量還元(適用条件あり)

他にもありますが、代表的なのはこんな感じ。

要するに、「楽天契約→イマイチ→解約」と言ったパターンでも、費用がほぼかからないので、「リスクなし」で契約可能。

そんな中でもデメリットを挙げるなら、「申し込みの手間」ぐらいです!

ちなみに、「キャンペーン適用条件」さえ満たしていれば、解約しても楽天ポイントの還元は受けれちゃいます。

ぴろ

本当の意味で「契約して損をする」と言うことはまずないですね。

\3カ月無料キャンペーン中/

【メリット2】月額料金がとにかく安い

楽天モバイルは、多くの格安SIMと比較しても、月額料金が安いです。

月々1GB以下なら永遠に0円

ぴろ

「普通にサービスとして大丈夫か」と疑うレベルですね(汗)

ただ、あくまでも段階性で料金の上がるプランなので、注意は必要。

  • 0GB~1GB=0円
  • 1~3GB=1078円(税込)
  • 3~20GB=2,178円(税込)
  • 20~無制限=3,278円(税込)

とはいえ、最大使っても3,278円

楽天回線エリアなら「データ・通話・SMS」を「無制限」で使えるので、格安ですね。

また、楽天回線エリア外の方でも「5GB+通話24時間無料+SMS無料」なので、通話する方なら割安です。

サービス品質が気になる方は「3ヶ月無料」なので、実際に契約してみて、継続するかしないかを判断しましょう!

\3カ月無料キャンペーン中/

【メリット3】解約金・最低利用期間がない

結論、楽天モバイルには、解約金・最低利用期間がありません。

ぴろ

つまり、いつ解約しても解約金0円なので、リスク0。

また、申し込んだ後に、キャンペーン適用条件を満たせば、解約したとしても大量の楽天ポイントをもらえちゃいます!

なので、少しでも検討中なのであれば、

  • 申し込みから3ヶ月間無料
  • 解約金0円
  • 大量の楽天ポイント付与

という好条件の時点で、迷う理由がないんですよね。

【メリット4】楽天ひかりとセットでさらにお得に

楽天モバイル公式サイトから引用

楽天ひかりは、楽天モバイルとセットで使うことで、基本利用料が1年間無料で使えます。

つまり、

・楽天モバイル→3ヶ月無料(1GB以下なら永年無料)

・楽天ひかり→1年間無料

といった形で、ゴリゴリ節約できちゃいます!

\3カ月無料キャンペーン中/

【後悔しないように】楽天モバイルでよくある質問

楽天モバイルにお申込みする前に、よくある疑問や質問を確認しておきましょう。

  • 短期的に解約してもポイントってもらえるの?
  • 常に低速モードにしておけばずっと0円で使えるの?

順に解説していきます。

短期的に解約してもポイントってもらえる?

結論、キャンペーンルールの「対象者・適用条件」を満たしてさえいれば、解約していたとしてもポイント進呈の対象となります。

楽天モバイルの不安要素は、「電波」。

仮に楽天モバイルの回線が使い物にならなかったら、すぐに別のケータイ会社に乗り換える可能性も十分に考えられます。

ただ、別のケータイ会社に乗り換える前に、楽天モバイルのポイントを受け取るための条件さえ達成していれば、短期的な解約でも、お申込み特典である「楽天ポイント」は受け取れるんですよね。

しかし、楽天会員を退会した場合に関しては、ポイント付与の対象外になるようなので、要注意!

常に低速モードにすればずっと0円で使える?

結論、低速モードにしていても、ずっと0円で使うことはできません。

本来の「低速モード」は、データ通信速度を1Mbpsの低速通信に切り替えることで、データ消費をせずに通信を行える、という機能。

お悩みの男性

低速モードにしておけば、データ消費をせずに1GB以下で通信量をおさえられる!

こんな風に思う方も多いです。

ぴろ

ちなみに、私も思っていました(笑)

しかし、楽天モバイルにおいての「低速モード」は、「データ消費を抑える」という機能。

つまり、「低速モード」中に使った分のデータ通信量もフツーにカウントされちゃうんですよね、、

なので、使い方を間違えると、料金がかかってしまうということは覚えておきましょう!

対策としては、「スマホ本体の設定から、データ使用に上限を設ける」という方法もあります。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「ネットワークとインターネット」の項目
  3. 「モバイルネットワーク」
  4. 「データの警告と制限」
  5. 「データ上限を設定」

機種ごとによって多少表記は違いますが、上記の流れで設定できます。

一応、「Androidユーザー限定」になるので、iPhoneの方は注意。

【脱・後悔】楽天モバイルをおすすめできる人

楽天モバイルをおすすめできるのは、こんな人です。

  • 月々のスマホ代を1円でも安くしたい人
  • サブ端末として2台目のスマホを持ちたい人
  • ほぼ在宅で生活できる人

順に解説していきますね。

月々のスマホ代を1円でも安くしたい人

楽天モバイルは、コスパを極めたケータイ会社です。

月々のスマホ代を1円でも安くしたいなら、まずはじめに候補に上がるくらいにはおすすめできる会社ですね。

電波状況などのサービス面で不安な方は、3ヶ月無料で使えるので、お試し感覚で申し込んでみるのもありかと!

ぴろ

解約金も特にないので、最悪3ヶ月無料で使って別の会社に切り替えるだけでも節約には繋がりますよ。

\3カ月無料キャンペーン中/

サブ端末として2台目のスマホを持ちたい人

「2つ目の電話番号を持っておきたい」といった人にも楽天モバイルはおすすめできます。

サブの端末があると以下のようなことができます。

  • 仕事用とプライベート用で電話番号を分けれる
  • LINEなどの電話番号が必要なアカウントを新たに作れる
  • 子供用にスマホを持たせられる

などですね。

楽天モバイルなら、

  • 通話料金無料
  • 1GB以下なら永年無料
  • いつでもリスクなしで解約可能

という観点から、デメリットなしで2つ目の電話番号を持てます。

楽天モバイルは、「サブ回線選びの最適解」と言えるサービス内容なので、サブ端末を検討中の方は要チェックですよ!

\3カ月無料キャンペーン中/

ほぼ在宅で生活できる人

専業主婦やフリーランスの方などの、「ほぼ在宅で生活できる人」に関しても、楽天モバイルは相性がいいサービスです。

「通信の安定面で不安がある」というのが、楽天モバイルの一番大きなデメリット。

しかし、在宅なら自宅に「Wi-Fi環境」がある方がほとんどですよね?

Wi-Fi環境のある自宅での利用がメインなら、「楽天モバイルの通信の安定感」はほぼ影響なしの項目になります。

しかも、基本的に「1GB以下」で収まる場合がほとんどなら、基本利用料も0円なので、最適のサービスと言えますね。

仮に自宅にWi-Fi環境がない方なら、「楽天モバイルに乗り換えて浮いた分のお金で、自宅にWi-Fi環境を整える」という選択肢もありですよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役ケータイ販売員が業界の知識を活かして、格安SIMの情報を発信しています。お乗り換えで失敗しないように「わかりやすく」を意識して解説していきますので、ぜひ参考にしていただけたらうれしいです!

目次
閉じる