スマホ初心者にもおすすめできる格安SIMはコチラ >>

電車やバスで読書をすると酔ってしまう場合の原因と対策を徹底解説!

お悩みの女性

電車やバスなどで読書をしたいんだけど、すぐに酔ってしまう…。
酔わずに読書する方法はないの?

こんな悩みを解決します。

本記事で分かること
  • 電車やバスで読書をすると酔ってしまう理由【自律神経の乱れ】
  • 電車やバスで読書をしても酔わないようにする対策
  • 電車やバスで読書をするのに最適なのは「オーディオブック」

通勤や通学などの移動時間を有効に活用したい!と言う方は多いですよね。

中でも、電車やバスでの読書は定番

しかし「乗り物酔い」をしてしまい、快適に読書ができないと言う方も少なくありません…。

実は私自身、もともと「乗り物酔い」をしやすい体質…。

すぐに酔ってしまうので、電車やバス・車ではなるべくスマホや本を見ないようにしていました。

今回は、このような「乗り物酔い」をしやすい人でも電車やバスで本を快適に楽しめるように、酔ってしまう理由とその対策を徹底解説していきます!

目次

電車やバスで読書をすると酔ってしまうのはなぜ?

そもそも、乗り物酔いは「自律神経の乱れ」が原因と言われています。

「電車やバスで読書をする」行為は、自律神経をより乱す要因だというわけですね。

①電車やバスに乗っていると、小さな揺れ〜大きな揺れが起きて身体が動く

②本を読んでいると視線はほとんど動かない

めちゃくちゃ簡単にいうと、「目で見ている情報」と「身体で体感している情報」が違うので、脳内でエラーが起きてしまい、自律神経の乱れが起きてしまうということ。

ぴろ

ちなみに「体で体感している情報」は、人間の内耳にある「三半規管(さんはんきかん)」によって調整されているので、「三半規管」が弱まっている人は「より酔いやすい体質」とも言えますね!

まとめると、乗り物酔いの原因は「自律神経の乱れ」。

「電車やバス×読書」の組み合わせは、

「視覚情報」と「身体で体感している情報」にズレが生じやすく、自律神経が乱れかねない

というわけです。

電車やバスで読書をしても酔わないようにする対策【効果は薄いです】

それでは、電車で読書をしても酔わないようにするにはどうしたらいいでしょうか。

結論からいうと、自律神経を乱す要因をなるべく減らすことですね。

自律神経を乱す要因は以下の通り。

①空腹・満腹

②体調不良・睡眠不足

③温度や湿度

本やスマホをずっと見続ける行為

①、②に関しては、身体のコンディションなので、ある程度は自分で改善ができそうですね。

③は、あまり厚着をしすぎない等の配慮をすることで、身体を不快な状態にしないようにすることを意識しましょう。

問題は④です。

やはりいくら体調が万全でも、電車や車などの乗り物の中でずっと読書をするのは、「自律神経の乱れ」につながりかねません。

一応、

・目線の高さに本を持っていき、若干離しつつ周りの景色も見えるように読書をする

・10分ごとに周りの景色に目を移すなど、定期的に本から目線を離す

といった読書法が効果的なようですね。

要は、「ずっと本を見続けない」ことが大切。

とはいえ、酔いやすいひとからすると、上記のような対策をしても「あまり効果が感じられない」と言う場合も多いんですよね…。

残念ながらそういった方は、電車で紙の本を読むのは避けた方がいいかもしれません。

ただし、「電車で読書するのを諦めろ」と言っているわけではないのでご安心を!

対策しても電車や車で読書をすると酔ってしまう方に関しては、以下で紹介させていただく「オーディオブック」なら快適に読書ができますよ。

電車やバスで酔わずに読書をするならオーディオブック一択【耳さえ空ければOK】

結論、電車やバスでも酔わずに読書をしたいのなら、オーディオブックを活用しましょう!

理由は、オーディオブックは電車やバスなどの移動中の読書方法として最適な方法だからです。

オーディオブックは「耳で聴く」読書。

通常の「紙の本」とは違い、目や手を使わずに読書することができます

これは圧倒的強み。

・目を使わないので、乗り物酔いがしにくい

・手を使わないので、満員電車・満員バスでも読書可能

上記の2点のように、電車やバスで読書する際にありがちな「壁」を余裕で突破してくれます。

再確認ですが、電車やバスで本を読むと酔ってしまう原因は、「視覚情報」と「三半規管で受けている情報」にズレが生じること。

つまり「耳で聴くだけの読書」なら、「視覚情報」を使わなくてOKなので、圧倒的に酔いにくいというわけですね。

また、耳で聴き流すだけでOKなので

・早朝に目を開くのもだるい

・仕事帰りで目が疲れている

などの、いわゆる「読書をしたくなくなる状況」でも気軽に読書できますよ!

あらゆる状況下での読書のハードルが劇的に下がるので、

お悩みの男性

どうしても電車で読書をすると酔ってしまう…。

お悩みおじさん

状況を選ばずに読書がしたい…。

といった方には是非一度オーディオブックを体験してもらいたいです。

オーディオブックを選ぶならこの2社【無料体験あり】

電車やバスでも酔わずに読書ができるオーディオブック。

様々な会社がありますが、オーディオブック初心者なら以下の2社から選べば後悔しないでしょう。

いずれも本のラインナップが業界トップクラスで、無料体験期間もあるので初心者でも気軽にオーディオブックをお試しすることができますよ!

【おすすめ1】Audible(オーディブル)

Audibleの提供はあのAmazon。

圧倒的信頼性がありますね!

実際に私が使っているオーディオブックサービスもAudibleです!

>>オーディブルは評判以上!実際に使用している私の口コミ&評価をレビュー

Audibleは、月額1,500円で専用の会員になれます。

会員になることで得られる特典は次の通り。

  • 毎月コインが1枚もらえる(コイン1枚で好きな本1冊と交換可能)
  • タイトルの返品・交換が可能(回数無制限)
  • コインの追加購入が可能
  • 毎月無料でボーナスタイトルが1冊もらえる
  • 全タイトルが30%OFFで購入可能
  • ポッドキャストが聴き放題

ざっくり簡単に言うと、

月額1,500円で好きなオーディオブック本1冊がもらえて、返品・交換対応を含むざまざまな特典を受けれるサービス

ですね!

また、Audibleには無料体験期間があります。

Audibleにお申込みをすると、好きなオーディオブック本1冊と交換できるコインが1枚無料で付与されます。

※ 交換した本は、Audible会員を解約後でも聴き続けることができます。

もちろん、サービスがイマイチなら無料体験期間中に解約すればお金はかかりません

つまり、無料期間中に解約したとしてもコインで交換した本は聴き続けられるので、「無料」かつ「デメリットなし」でオーディオブック本を1冊手に入れることが可能。

「解約しても交換した本は聴き続けることができる」という点から、特に「オーディオブック初心者」はお試ししてみて損はないでしょう。

  • 無料お試し期間アリ!(1冊無料でもらえます)
  • 退会後もDLした本は聴き続けられる!
  • いつでも退会可能
「耳で聴く読書」で時間を2倍有効活用しよう!

【おすすめ2】audiobook.jp

audiobook.jpを提供しているのは、株式会社オトバンク。

「オーディオブック聴き放題」のサービスを格安で提供しているのが強みですね。

audiobook.jpの料金プランは次の2つ。

  • 聴き放題プラン
  • 月額会員プラン
聴き放題プラン
月額会員プラン
  • 聴き放題
  • 月額750円
  • ラインナップは1万冊
  • 解約後は聴けなくなる
  • 無料体験期間アリ
  • 月額に応じて毎月配られるポイントで本を単品購入
  • 月額550円~33,000円
  • ラインナップは2万3000冊
  • 解約後でも聴ける

オーディオブック初心者が選ぶなら「聴き放題プラン」一択

「月額750円で1万冊以上のベストセラーを含めた様々な本が読み放題」

ぴろ

通常、オーディオブック本1冊を購入するだけでも2,000円以上することがほとんどなので、コスパは最強かと…!

また、「聴き放題プラン」なら加入から30日間無料体験をすることができます。

オーディオブック初心者にとって、「30日間無料で好きな本を聴き放題」なのはありがたいですよね!

Audible同様、無料体験期間中に解約をすればお金はかかりません。

お悩みの男性

「様々なオーディオブック本を聞いてみたい」

こういった方は是非お試ししてみてくださいね!

※無料体験期間中に退会すれば料金は一切かかりません

まとめ

以上、電車やバスで読書をすると酔ってしまう場合の原因と対策を徹底解説!を紹介させていただきました。

最後に内容をまとめていきます。

人間のからだの構造上、電車やバスなどの揺れる乗り物で読書をすると酔いやすくなるのは必然。

簡単な対策としては、電車などでの読書方法を変えて「視覚情報」と「身体で受けている情報」のズレを減らしましょう。

・目線の高さに本を持っていき、若干離しつつ周りの景色も見えるように読書をする

・10分ごとに周りの景色に目を移すなど、定期的に本から目線を離す

上記の方法でも「イマイチ効果がでない」・「手間があるから面倒」という方は、耳が空いていれば読書ができる「オーディオブック」が最適です。

はじめてオーディオブックをつかうなら、

を選べばOK。

どちらも「無料体験期間」がありサービスが自分に合わなかった場合でも、期間内に解約すればお金はかかりません。

「電車やバスでも快適に読書をしたい」

こういった方はぜひ一度オーディオブックをお試ししてみてくださいね!

>>Audibleを無料体験する(1冊無料で本をもらえます)

>>audiobook.jpを無料体験する (本を聴き放題)

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役ケータイ販売員が業界の知識を活かして、格安SIMの情報を発信しています。お乗り換えで失敗しないように「わかりやすく」を意識して解説していきますので、ぜひ参考にしていただけたらうれしいです!

目次
閉じる