スマホ初心者にもおすすめできる格安SIMはコチラ >>

UQモバイルとOCNモバイルONEを7項目で徹底比較【販売員がステマなしで解説】

お悩みの男性

UQモバイルとOCNモバイルONEでどちらの格安SIMがいいか迷ってます!

お悩みの女性

UQモバイルとOCNモバイルONEの違いをサクッと知りたい!

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • UQモバイルとOCNモバイルONEのどちらを選ぶべきか
  • UQモバイルとOCNモバイルONEはそれぞれどんな会社か
  • UQモバイルとOCNモバイルONEを7項目で徹底比較

UQモバイル・OCNモバイルONEは、どちらも大手の格安SIMサービスとして非常に人気です。

それぞれが人気の理由は以下。

UQモバイル

au回線を使っている格安SIM会社。

通信速度・サポート面が大手並みで、スマホ初心者でも安心して利用できるのが特徴。

OCNモバイルONE

ドコモ回線を使っている格安SIM。

端末がコスパよく手に入り、料金プランも安いので、お得に節約できる格安SIM会社

どちらも、サービスとして大きな強みがありますよね。

ただ、デメリットも含めると、どっちがおすすめか分かりにくくなりがち…。

そこで本記事では、現役ケータイ販売員のわたしが、両社の特徴を7項目に分けて徹底的に比較してみました。

ぴろ

デメリットも包み隠さずに解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

比較ポイント【7項目】

【比較項目】 UQ OCN
料金プラン
通信速度
サポート面
解約金・最低利用期間
サービス内容
料金の支払い方法
販売端末
プロフィール
目次

【UQモバイルとOCNモバイルONEで比較】結局どっちをえらべばいいの?

UQモバイルとOCNモバイルONEは、それぞれに魅力的な面があって、どちらがいいか悩みますよね。

結論、

大手と変わらないサービスの質で、料金を安くしたいならUQモバイル

通信速度やサポート面は、妥協してOK。とにかく料金を安くしたいという方はOCNモバイルONE

がおすすめです。

ぴろ

以下で詳しく説明していきますね!

UQモバイルがおすすめな人

結論、「大手ケータイ会社と変わらないサービスの質を求める方」は、「UQモバイル」を選べば後悔しないでしょう。

理由は次のとおり。

  • 大手とほぼ変わらない通信速度
  • ショップなどの店舗サポートが充実
  • キャリアメールアドレスも提供(有料)

UQモバイルは、大手と比べて料金が格安なのはもちろんですが、「サポート面」・「通信速度」も格安SIM業界の中でトップクラスです。

例えば、山や海などでスマホを使うときも、auの電波が入るのであれば、基本的にUQもストレスなく利用可能。

お昼・深夜帯でも、通信速度の低下はほとんどないので、ゲームの周回や、ちょっとした調べ物などもサクサクいけちゃいます!

次にサポート面。

最近では全国の「auショップ」が、UQモバイルも対応できるように、「au style」というお店にリニューアルされてきています。

ぴろ

「au style」なら、auと同じようにUQモバイルのアフターフォローも受けられるので、契約後の不安要素もラクに解消できるでしょう。

最後に、UQモバイルはキャリアメールも提供(有料)しています。

有料(220円/月)なのは残念ですが、どうしても職場や学校などで、キャリアメールが必要になった場合でも安心ですね!

以上、まとめると

  • 通信速度の安定感
  • サポートが大手並みに充実
  • 大手と同じくキャリアメールを提供

という面から、「大手とほぼ変わらないサービスで、格安の料金で使いたい方」は、UQモバイルがおすすめですね。

参考:UQモバイルの口コミは悪い?現役販売員がデメリット含め完全解説!

OCNモバイルONEがおすすめな人

結論、「通信速度・サポート面は妥協OK。とにかく月々の料金を最大限節約したい!」といった方は、「OCNモバイルONE」がおすすめです!

理由は以下のとおり。

  • UQモバイルよりも月々500円~1,000円程度安い!
  • 端末セット購入がお得
  • 実はドコモ回線の格安SIMでNO.1の通信品質

OCNモバイルONEは、ぶっちゃけ「UQモバイル」と比べると、通信速度・サポート面で劣ります。

とはいえ、UQモバイルよりも圧倒的に月々の料金を安く抑えることが可能。

また、端末をお得に購入できることが多いので、端末の買い替えを検討している場合でも、料金を安く済ませることができますよ!

具体的にいうと、以下のような例。

SIMフリー価格
OCN価格

上記の例を参考にすると、同じ機種でもOCNのほうが1万円以上安く提供されていますね!

加えて、OCNモバイルONEは「ドコモ回線の格安SIM」の中でNO.1の通信品質。

ぴろ

UQよりは劣りますが、通信速度面も比較的安定していますよ。

まとめると、

  • UQモバイルよりも500円~1,000円ほど料金が安い
  • 端末も格安で手に入る
  • 通信品質も妥協できる範囲

という点から、「通信品質・サポートで妥協OK。とにかく料金を安くしたい!」という方はOCNモバイルONEを選べばOKです。

参考:OCNモバイルONEの口コミ・評判は悪い?12個のメリット・7個のデメリットを徹底解説!

UQモバイルとOCNモバイルONEで総合比較【7項目】

ここまで、両社がどのような人におすすめかを解説させていただきました。

さすがに「上記の説明だけでは決められない!」と感じるとおもうので、さらに深堀りしていきます。

以下では、両社の特徴を7項目に分けて、さらに詳しく比較していきますね。

【比較項目】 UQ OCN
料金プラン
通信速度
サポート面
解約金・最低利用期間
サービス内容
料金の支払い方法
販売端末
ぴろ

順に解説していきますよ!

【UQモバイルとOCNモバイルONE①】料金プラン比較

UQモバイルとOCNモバイルONEの料金比較をしていきます。

ぴろ

結論からいうと、OCNモバイルONEのほうが安いですよ!

✅ 基本料金の比較表(税込み価格)

データ UQ OCN
1GB/月 770円
3GB/月 1,628円 990円
6GB/月 1,320円
10GB/月 1,760円
15GB/月 2,728円
25GB/月 3,828円

上記価格は、割引なしの基本料金での比較。

ぴろ

全体的にOCNモバイルONEのほうが安く使えるのが分かりますね!

以下で、それぞれの料金プランをさらに深堀りしていきます。

UQモバイルの料金プラン

UQモバイルの料金プランは次のとおり。

くりこしプラン Sプラン Mプラン Lプラン
月額料金 1,628円(税込) 2,728円(税込) 3,828円(税込)
データ通信量 3GB 15GB 25GB
通信制限後の最大速度 最大300kbps 最大1Mbps
通話オプション ・通常=22円/30秒
・通話パック(60分/月)=550円
・10分かけ放題=770円
・24時間かけ放題=1,870円
最低利用期間 最低利用期間・解約金なし

結論、UQモバイルは格安SIMの中では、多少料金が割高。

スクロールできます
UQモバイルワイモバイル楽天モバイルOCN BIGLOBEモバイルIIJmio
データ通信3GB3GB3GB3GB3GB4GB
料金1,628円
(税込)
2,178円
(税込)
1,078円
(税込)
990円
(税込)
1,320円
(税込)
1,078円
(税込)
格安SIM各社の料金比較

※ 上記の金額は、家族割や光回線とのセット割引を含めない基本料金での比較。

ぴろ

OCNと比較しても、638円ほど割高

また、UQモバイルにはセット割引がないので、場合によっては800円近く割高になる可能性もあります…。

とはいえ、大手よりは圧倒的に安いです。

「通信速度が大手並み」・「サポートが充実」という点を考えれば、かなりコスパはいいかと…。

ぴろ

他の格安SIMより高い分、サービスの質は大手並み!

300円~1,000円程度、料金を多く払うことで、「通信の質やサポートがある程度保証される」と思っていただければOKですね。

OCNモバイルONEの料金プラン

続いて、OCNモバイルONEの料金プランを紹介していきます。

※ 「SMS+データ」・「データのみ」のプランもありますが、今回は「音声対応SIM」のみの紹介とさせていただきます。

音声対応SIM(データ・SMS・通話)
データ 基本 光セット割
△220円/月
1GB 770円
(税込)
550円
(税込)
3GB 990円
(税込)
770円
(税込)
6GB 1,320円
(税込)
1,100円
(税込)
10GB 1,760円
(税込)
1,540円
(税込)
速度制限時の最大速度 最大200Kbps
通話オプション ・通常=11円/30秒
・10分かけほ=935円
・トップ3かけ放題=935円
・完全かけ放題=1,430円
最低利用期間・解約金 なし

OCNモバイルONEは、「OCN光」とセットで使うことによって、永年220円/月の割引が入ります。

ぴろ

基本料金ですでに安いのに、光回線とセットで使えばさらに安く使えるのは魅力的ですね!

実は、OCNモバイルONEの基本料金は、主要格安SIMの中で、「楽天モバイル」に次いで2位の安さ

ただし、OCNモバイルONEのプランは最大で10GBまでしかありません。

ぴろ

月々10GB以上のデータを使う方は、快適に使えない可能性もあるので要注意ですよ!

逆に、10GB以下しか使わないなら、UQモバイルよりも格安で利用可能。

【UQモバイルとOCNモバイルONE】通話料金で比較

次に、通話料金のみで比較してみましょう。

格安SIM 通話オプション
UQ ☑基本料金
=22円/30秒
☑通話パック(60分/月)
=550円
☑10分かけ放題
=770円
☑完全かけ放題
=1,870円
OCN ☑基本料金
11円/30秒
☑10分かけ放題
=935円
☑トップ3かけ放題
=935円
☑完全かけ放題
=1,430円

OCNモバイルONEは、通常の通話料金が11円/30秒と破格!

しかも、他の格安SIMのように、「専用の通話アプリ」を使わなくても常に格安の料金で使えちゃいます。

※ 一部、OCNでんわ発信対象外の通話の場合は、22円/30秒かかるので注意!

通話オプションだけで比較すると、以下のような結果になります。

  • 「10分かけ放題」で比較すると、UQモバイルのほうが安い
  • 「完全かけ放題」で比較すると、OCNモバイルONEのほうが安い

また、UQモバイルの通話パック(60分/月)、OCNモバイルONEの「トップ3かけ放題」などの、少し変わった通話オプションに関しても、使い方によってはかなりお得に使えますよ。

【UQモバイルとOCNモバイルONE②】通信速度で比較

続いて、通信速度の比較です。

結論から言うと、UQモバイルのほうが通信速度は安定して速いです。

UQモバイルは、auとの関連性が強く、回線速度面で他社格安SIMよりも優遇されているんですよね。

ぴろ

実は、格安SIMの中でNO.1の通信速度なんです!

実際、auからUQモバイルに乗り換えた方の評判を見ても、「速度がほとんど変わらなかった」という声が多いです。

ぴろ

大手並みの通信速度ということが分かりますね!

ちなみに、OCNモバイルONEも、通信速度面はかなり優秀。

UQモバイルほどは安定しているとは言えませんが、ドコモ回線を使っている主要格安SIMの中で、「通信品質NO.1」の実績をもっています。

とはいえ、やはり混雑時に通信が遅くなりがちなのは事実…。

どちらの通信速度も、格安SIMの中ではかなり評判は良いですが、単純な安定性と速度面では、やはりUQモバイルがNO.1ですね。

【UQモバイルとOCNモバイルONE③】サポート面で比較

結論、サポート面で比較すると、UQモバイルの方が圧倒的に充実しています

それぞれのサポート範囲は以下。

サポート UQ OCN
実店舗
電話
チャット
メール

OCNモバイルONEは、店舗がないので、契約後のアフターフォローは「電話」・「チャット」・「メール」での問い合わせのみ…。

つまり、「プラン変更」や「契約内容の確認」、「携帯が故障した場合の相談」も、自分から問い合わせする必要があります。

「困った時」・「トラブルになった時」に、気軽に相談できる環境がほしいという方は、ショップがある「UQモバイル」を選べば後悔しないでしょう。

【UQモバイルとOCNモバイルONE④】解約金・最低利用期間は?

結論、UQモバイルとOCNモバイルONEは現在、どちらも解約金・最低利用期間がありません

つまり、いつ解約してもお金がかかりません。

ぴろ

仮に「乗り換えて失敗した」と感じた場合でも、デメリットなしですぐに他社に乗り換え直すこともできるので、安心ですね!

【UQモバイルとOCNモバイルONE⑤】サービス内容で比較

続いて、UQモバイルとOCNモバイルONEで、サービス内容の比較をしていきます。

UQモバイル
OCNモバイルONE
  • au端末ならSIMロック解除なしで使える
  • データ繰り越しが可能
  • データ節約モードを提供
  • ドコモ端末ならSIMロック解除なしで使える
  • 追加料金なしでミュージックカウントフリーが使える
  • データ繰り越しが可能
  • データ節約モードを提供

【UQモバイルとOCNモバイルONEで比較】サービスの共通点

先に、両社に共通しているサービス内容を紹介しますね。

  • データ繰越しが可能
  • データ節約モードを提供
ぴろ

順に説明していきますね!

データ繰越しが可能

両社には、データ繰越し機能がついてます。

データ繰り越し

当月中、使わずに余った分のデータ通信量を翌月に繰り越せるサービス。

✔ データ繰り越しの例は次のとおり。

データ繰り越し

月々3GBの契約をしているけれども、その月は2GBしかパケット容量を消費しなかった場合

→ 翌月は「3GB+余った1GB」で合計4GBも使える!

※ 繰り越したパケット量は翌月末までしか反映されないので注意!

データ節約の機能を提供

専用アプリを使って、データ通信速度を低速に変えることで、データ消費をせずに通信が行える

これが「データ節約機能」です。

この機能を使うことで、LINEやネットサーフィンぐらいであれば、実質使い放題にすることも可能。

ただし、低速通信時の最大速度は、各会社で違うので注意!

【UQモバイル】節約モード時

☑ Sプラン=最大300Kbps

☑ M・Lプラン=最大1Mbps

【OCNモバイルONE】節約モード時

☑ 全プラン共通で最大200Kbps

節約モード時の最大速度は、UQモバイルの方が優秀。

とはいえ、OCNモバイルONEには「バースト転送機能」があります。

バースト転送機能とは?

節約モード時でも、読み込み時の初速だけ高速通信が行える機能

バースト転送機能を使うことにより、読み込み時のストレスが軽減されます。

ぴろ

「節約機能×バースト転送」で、OCNモバイルONEでも、ある程度節約モードを使い倒せますよ!

UQモバイルのサービス

UQモバイルのみでのサービス内容は以下。

  • au端末ならSIMロック解除なしで使える

UQモバイルは、au回線を使っている格安SIM。

つまり、基本的にauで使っていた端末なら、「SIMロック解除」をしなくてもそのまま使うことができます。

ただし、古い端末や一部の端末では、auの端末といえど「SIMロック解除」が必要な場合もあるので、必ずUQモバイルの公式ページで確認しましょうね。

OCNモバイルONEのサービス

次に、OCNモバイルONEのサービス内容です。

  • ドコモ端末ならSIMロック解除なしで使える
  • 追加料金なしでミュージックカウントフリーが使える
ぴろ

順に説明しますね。

ドコモ端末ならSIMロック解除なしで使える

OCNモバイルONEは、ドコモ回線を使っている格安SIM。

基本的に、ドコモで使っていた端末であれば、「SIMロック解除」なしで利用可能です。

しかし、UQモバイル同様、一部機種はドコモの端末でも SIMロック解除が必要になるので、OCNモバイルONEの公式ページで確認しましょうね。

追加料金なしでミュージックカウントフリーが使える

あゆみ

ミュージックカウントフリーって何?

ぴろ

対象の音楽アプリをデータ消費なしで利用できる機能です!

カウントフリー対象のアプリ

  • amazon music
  • AWA
  • LINE MUSIC
  • Sportify
  • ANiUTa
  • dヒッツ
  • RecMusic
  • ひかりTVミュージック

よく音楽を聴く方にとっては嬉しいですよね。

ただ、ご自身でお申し込みをしないと機能は使えないので注意が必要ですよ!

【UQモバイルとOCNモバイルONEで比較⑥】料金の支払い方法

両社の料金の支払い方法は以下。

支払い UQ OCN
クレジットカード
口座振替※
デビットカード※

両社ともクレジットカードだけでなく、口座振替・デビットカードにも対応しています。

ぴろ

格安SIMの多くは、「クレジットカードのみ」の支払いなので、口座振替にも対応しているのは嬉しいですよね!

ただし、クレジットカード以外で申し込むには、一部条件があるので注意。

UQモバイルでクレジットカード以外で申し込む場合

UQオンラインショップで新規契約(MNP以外)を申し込む場合は「クレジットカードのみ」での受付です。

他社から乗り換え(MNP)の場合のみ、ほかの支払い方法を選択可能。

ぴろ

子供用や2台目のスマホとして、新たにスマホを契約予定の方は、クレジットカードのみでの受付になるので注意してくださいね!

OCNモバイルONEでクレジットカード以外を申し込む場合

実は、OCNモバイルONEの支払い方法は、原則クレジットカードのみでの受付となっております。

しかし、WEBからではなく、電話でのお申し込み(カスタマーズフロント)からなら、口座振替にも対応可能。

ぴろ

ちょっと手間があるので注意ですね!

【UQモバイルとOCNモバイルONEで比較⑦】販売している端末

UQモバイルとOCNモバイルONEで販売している端末を紹介していきます。

※ 2021年5月現在でのラインナップなので、今後変更される可能性あり

UQモバイルの提供端末

UQモバイルで提供されている端末は次のとおり。

iPhone

  • iPhone11
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone7
  • 中古iPhone(au認定済)

Android

  • Galaxy A21
  • Xperia 8 lite
  • AQUOS sense3 basic
  • BASIO4
  • Galaxy A20

OCNモバイルONEの提供端末

次に、OCNモバイルONEで提供されている端末を紹介していきます!

結論、UQモバイルよりも圧倒的に提供端末の種類が多いです。

iPhone

  • iPhone12
  • iPhone12 mini
  • iPhone11 Pro Max
  • iPhone11 Pro
  • iPhone11
  • iPhone SE(第2世代)
  • 中古iPhone

Android

  • Redmi Note 10 Pro
  • moto g30
  • AQUOS sense5G
  • Redmi 9T
  • AQUOS sense4 plus
  • AQUOS sense 4
  • OPPO A73
  • moto g9 play
  • ZenFone 7 Pro
  • ZenFone 7
  • Xperia 10 ll
  • TCL 10 Lite
  • OPPO Reno3 A
  • Redmi Note 9s
  • Mi Note 10 Lite
  • その他Android
ぴろ

OCNモバイルONEの販売端末の種類はかなり豊富!

ぶっちゃけ、種類だけなら大手よりも多いですね。

UQモバイルとOCNモバイルONEを比較:まとめ

以上、UQモバイルとOCNモバイルONEを7項目で徹底比較【販売員がステマなしで解説】をお送りさせていただきました!

ぴろ

最後に内容をまとめておきますね。

【比較項目】 UQ OCN
料金プラン
通信速度
サポート面
解約金・最低利用期間
サービス内容
料金の支払い方法
販売端末

結論、

「大手ケータイ会社と変わらないサービスの質を求める方」は「UQモバイル」

「通信速度・サポート面は妥協OK。とにかく月々の料金を最大限節約したい!という方」は「OCNモバイルONE」

を選べば後悔しないでしょう。

格安SIMに乗り換えするだけで、年間数万円もの節約に成功する事例はザラにあります。

これを機に検討してみてはいかがでしょうか。

\通信速度・サポートが格安SIM最強/

\通信品質〇ゴリゴリ節約できる格安SIM/

関連:【失敗ゼロ】現役ケータイ販売員の私がおすすめする格安SIM5選【5項目で比較】

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役ケータイ販売員が業界の知識を活かして、格安SIMの情報を発信しています。お乗り換えで失敗しないように「わかりやすく」を意識して解説していきますので、ぜひ参考にしていただけたらうれしいです!

目次
閉じる