ワイモバイルってどんな会社?7つのメリットと4つのデメリット!【携帯販売員が徹底解説】

お悩みの男性のアイコン画像お悩みの男性

Y!mobile(ワイモバイル)ってどんな会社なの?

お悩みの女性のアイコン画像お悩みの女性

携帯会社をワイモバイルに変えたらどんなメリット・デメリットがあるの?

こんな疑問を解決いたします。

本記事の構成
  • ワイモバイルとはどんな会社か
  • ワイモバイルの料金プラン
  • 【ワイモバイル】7つのメリットと4つのデメリット

最近ではテレビのCMでもよく見かけるようになってきた「ワイモバイル」ですが、実際のところ快適に使えるのか気になりますよね。

結論から言うと、ワイモバイルの使い心地やサポート体制は大手携帯会社とほぼ変わりませんよ!

はじめに言っておきますと、ワイモバイルは格安SIMの中では料金面で多少割高。。。

とはいえ、大手携帯会社よりも月々の料金を安く抑えられるので、「今のスマホの使い心地をキープしつつ月々の料金を節約したい」という方は要チェックです!

ぴろのアイコン画像ぴろ

それでは行ってみましょう!

目次

Y!mobile(ワイモバイル)ってどんな会社なの?

初めに、ワイモバイルは格安SIMと認識されがちですが、実は違います。

ワイモバイル(Y!mobile)は大手携帯会社であるソフトバンク(SoftBank)と同じグループ会社で、ソフトバンクの「サブブランド」的なポジションにいます。

そもそも格安SIM会社は、「大手携帯会社の通信回線設備を借りている」のはご存じでしょうか?

格安SIM会社は基本的に「借りている通信回線」なので、お昼などの回線が混雑する時間帯になると速度が遅くなります

しかし、ワイモバイルは回線を借りておらず、「ソフトバンクと同じ自社回線で通信をおこなっている会社なので、「混雑時に速度が遅くなる」というデメリットがありません!

なので、ワイモバイルは格安SIMというよりかは「ソフトバンクの格安部門」というイメージのほうが正しいかと思われます。

ソフトバンクと同じグループ会社で、受けられるサービスもソフトバンクに近いサービス内容になりますので、大手携帯会社(au、NTTドコモ 、ソフトバンク)とほぼ変わらないことがかなり魅力的ですよね!

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン

ワイモバイルの料金プランは以下です。

プラン Sプラン Mプラン Rプラン
月額料金 ※1 2,680円 3,680円 4,680円
データ通信量 ※2 3GB/月 10GB/月 14GB/月
速度制限後の最大速度 最大128kbps 最大1Mbps
通話料金 ・10分/回以内の国内通話かけ放題= 無料(超過分は20円/30秒)

・24時間国内通話かけ放題= 1,000円/月
最低利用期間・解約金 なし・0円

※1 月額料金

上記の料金から割引が入ります。

新規割
=加入翌月から6カ月間の間-700円割引

家族割
=2回線目以降の各基本プランから永年-500円割引

おうち割光セット
=対象の固定通信サービスとセットでの利用で、固定回線1契約につき1回線永年-500円割引

※家族割とおうち割の割引併用は不可

※2 データ通信量

新規契約または契約変更で月額500円の「データ増量オプション」が1年間無料で利用可能。

増量後のデータ量は次のとおり。

スマホベーシックプランS
=3GB→4GB

スマホベーシックプランM
=10GB→13GB

スマホベーシックプランR
=14GB→17GB

あゆみのアイコン画像あゆみ

ほー!プラン自体はすごくシンプルなんだね!

ぴろのアイコン画像ぴろ

そうだね。
シンプルなプランだから、自分が月々使用している「データ通信量」や「通話量」さえわかれば無駄のないプラン選びができるね!

Y!mobile(ワイモバイル)の7つのメリット

様々な格安SIM会社がある中で、ワイモバイルを選ぶ理由は、以下の7つのメリットにあります。

  1. 格安SIMの中で通信速度の安定性がトップクラス!
  2. 大手携帯会社と同等のサポートが受けられる
  3. ヤフー関連のキャンペーンを受けられる
  4. キャリアメールアドレスが使える
  5. LINEアプリの年齢認証機能が使える
  6. 24時間かけ放題が使える
  7. ソフトバンクの固定回線とセットで安くなる

【メリット1】格安SIMの中で通信速度の安定性がトップクラス!

結論から言うと、ワイモバイルは格安SIMの中でトップクラスの通信速度があります。

理由は、ワイモバイルはソフトバンクと同じ回線(自社回線)を使っているから。

格安SIM会社のほとんどは自社で回線を持っておらず、大手携帯会社の通信回線を借りております。

そのため一般的な格安SIMは「混雑時には速度が遅い」または「通信が安定しない」ことがあります。

しかし、ワイモバイルはそういったデメリットがなく、大手携帯会社である「ソフトバンク」とほぼ変わらない通信速度を出せることが何よりの魅力ですね!

【メリット2】大手携帯会社と同等のサポートを受けられる

ワイモバイルは全国に店舗を展開しております。

店舗数はまだ大手携帯会社よりは若干少ないかと思いますが、全国で約4000店舗ほどあります。

つまり、困ったときに直接対面で相談しやすいのがポイント。

また、格安SIM会社の多くは店舗を展開していません。

電話」や「インターネットでの質問チャット」

上記のように遠隔でしか相談できないことが多いんですよね。

なので、以下のような人に「ワイモバイルはおすすめ」といえます!

契約後のアフターフォローが必要な方

対面での契約じゃなければ不安という方

ぴろのアイコン画像ぴろ

スマホの知識がなくて不安な人でも、ワイモバイルなら安心!

【メリット3】ヤフー関連のキャンペーンを受けられる

あゆみのアイコン画像あゆみ

ワイモバイルを契約すると、他の格安SIMと比べて何かお得なことはあるの?

ぴろのアイコン画像ぴろ

あるよ!
ワイモバイルを契約すると、Yahoo!プレミアムというサービスが無料で使えるんだ。

Yahoo!プレミアムとは?

Yahoo!Japan(ヤフージャパン)が提供している月額462円(税抜き)の有料会員サービスのこと。

Yahoo!プレミアムの代表的なメリットは次の通り。

  • PayPayポイントの還元率がかなり優遇される
  • 「Yahoo!ショッピング」や「ロハコ」でのお買い物でもらえるポイントがいつでも5倍!(0や5のつく日はさらにUP)
  • ヤフオク!の機能が無制限に使える
  • 雑誌110誌、マンガ13,000冊以上がすべて読み放題!!

正直、「PayPayを多く利用される方」や「ヤフーショッピング」でお買い物をされる方ならばかなりお得になります。

ぴろのアイコン画像ぴろ

格安で料金プランを使えるのに、こういったお得なサービスが無料で使えるのはとてもありがたいですよね!

上記以外でも様々な特典が受けられるのでぜひチェックしてみてください。

【メリット4】キャリアメールアドレスが使える

あなたは大手携帯会社で使っているようなキャリアメールアドレスを使っているでしょうか?

キャリアメールアドレス例

✔ au→ @ezweb.ne.jp

✔ NTTドコモ→ @dokomo.ne.jp

✔ ソフトバンク→ @softbank.ne.jp

格安SIMの多くはこういったキャリアメールアドレスが使えないことが多いです。

しかし、ワイモバイルは「@ymobile.ne.jp」というキャリアメールアドレスがありますので、どうしてもキャリアメールアドレスが欲しいという方におすすめ!

ぴろのアイコン画像ぴろ

まぁ、ぶっちゃけ今はキャリアメールではなくて、Gmailアドレスを使ったほうが利便性が高いんですけどね(笑)

【メリット5】LINEアプリの年齢認証機能が使える

ワイモバイルは大手携帯会社と同じように、LINEアプリの年齢認証機能が使えます

あなたは、LINEアプリの年齢認証機能を使ったことはありますか?

LINEアプリの年齢認証機能とは?

LINEアプリにおいて、IDや電話番号でアカウントを検索するために事前に必要になる機能。

この機能があることによって18歳未満のユーザーがトラブルに巻き込まれるのを防げます。

「LINEアプリの年齢認証機能が使えない」ということは、IDや電話番号で友達を検索することができないということ。

ぴろのアイコン画像ぴろ

遠方の方とLINEの友達になりたいときに気軽に検索ができなくて不便になることもありますよね…。

格安SIM会社のほとんどは、LINEアプリの年齢認証機能が使えません。

しかし、ワイモバイルはこの年齢認証機能を使うことができるので安心ですね!

【メリット6】24時間かけ放題が選べる

ワイモバイルには24時間かけ放題オプションがあります。

現在、大手携帯会社(au、ドコモ、ソフトバンク)を使っている人からすれば、「24時間かけ放題」を選べることは当たり前の感覚。

しかし、実は格安SIM会社の中には24時間かけ放題オプションのない会社もたくさんあります。

格安SIMを検討している人で、以下に当てはまる場合は要注意が必要です!

  • 仕事の都合上、長い電話をよくする方
  • 電話で知り合いとつい長電話をしてしまうことが多いという方

上記のような方は特に「24時間かけ放題オプション」があるかどうかはかなり重要になってきますね!

【メリット7】ソフトバンクのインターネットとセットでよりお得になる

ワイモバイルは、ソフトバンクが提供している固定のインターネットサービスと併用することで、月々の料金から割引が入ります。

割引額は、固定回線1契約につき1回線分のスマホ代から毎月-500円割引を永年適用

代表的な対象のインターネットサービスは以下。

あゆみのアイコン画像あゆみ

「SoftBank光」はわかるけれど、「SoftBank Air」ってなに?

ぴろのアイコン画像ぴろ

光回線を契約するときにあるような「回線工事」をせずに、コンセントにさすだけですぐに使える置き型のWi-Fiサービスのことだよ。

「SoftBank Air」は工事なしで使えるWi-Fiの中では唯一データ完全無制限で使えるサービス。こういったソフトバンク関連のサービスの恩恵を受けられるのはありがたいですね。

Y!mobile(ワイモバイル)の4つのデメリット

これまで、ワイモバイルのメリットを紹介してきましたが、そんなワイモバイルにも大きく3つのデメリットがあります。

  1. 格安SIMの中では料金が割高
  2. データ大容量プランがない【最大14GB/月】
  3. データ繰り越し・節約モードがない
  4. 最新機種をあまり扱っていない【iPhone SE2はあるよ】

しっかり見ていきましょう!

【デメリット1】ワイモバイルは格安SIMの中では料金が割高

結論から言いますと、ワイモバイルは格安SIMの中では料金は割高です。

ワイモバイルは、基本料金が2,680円からでそこから割引が入るという料金形態

ぶっちゃけ、他の格安SIM会社の中には「割引なしの基本料金で2000円以内に収まる」という会社は数多くあります。

なので、とことん最安で使いたいという方は他の格安SIM会社のほうがおすすめかもしれません。

とはいえ、あくまでもワイモバイルの強みは「サービスや通信回線の質を落とさずに大手よりも安く使える」こと。

ぴろのアイコン画像ぴろ

料金だけでなく、サービスや通信速度などの総合的な評価で決めるべし!

【デメリット2】ワイモバイルはデータ大容量プランがない【最大14GB/月】

ワイモバイルには大手携帯会社にあるような「データ大容量プラン」というものがありません。

最大でデータ14GB/月(スマホベーシックプランR)

ぴろのアイコン画像ぴろ

普段Wi-Fi環境がないもとでインターネットや動画をたくさん使う人だと、データ通信量が足りなくなるかも…。

ただ、ワイモバイルのデータ10GB以上(MまたはR)のプランであれば、データ通信量を使い切った後でも最大で1Mbpsという通信速度が出ます。

1Mbpsもの通信速度が出れば「動画」は少し厳しいですが、「ネット検索」や「LINE」などであれば問題なく使えます。

なので、利用するサービスによっては多少データが足りなくてもワイモバイルを選ぶのはアリかと!

【デメリット3】ワイモバイルはデータ繰り越し・節約モードがない

ワイモバイルには、データ繰り越し・節約機能がありません。

ぴろのアイコン画像ぴろ

月々のデータ通信量をうまくやりくりしたい方は要チェックですよ!

✔ データ繰り越し機能

「データ繰り越し機能」とは、当月中に使わずに余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことができる機能。

例えば、3GB/月の契約をしている人がその月に2GBしか使わなかった場合、余った1GBはその次の月に繰り越されます。

つまり、翌月は3GB/月ではなく4GB/月使うことが可能!

✔ データ節約モード

「データ節約機能」とは、データ通信速度を「低速」へと切り替えることで、データ消費をせずに通信を行うことができる機能。

「LINE」や「インターネット検索」程度の作業であれば、低速通信でも十分に行うことができるので、速度切り替えによってデータを節約できます。

以上の2つ、「データ繰り越し機能」と「データ節約モード」がワイモバイルでは使えないので注意!

【デメリット4】ワイモバイルは最新機種をあまり扱っていない【iPhone SE2はあるよ】

ワイモバイルは月々の料金が安く、サポートも充実していますが、大手携帯会社にあるような一部の「最新機種」をあまり扱っていません。

例えば、今までのiPhoneシリーズを例にすると、大手携帯会社では最新の「iPhone11」を扱っていますが、ワイモバイルで現在扱っている最新機種はiPhone7です。

※ 2020年8月に「iPhone SE 第2世代」が登場したので、今後は方針が変わっていくかも!!

とはいえ、「Androidの最新機種」や「iPhone11などの新しい機種」はほとんど取り扱いがないのが現状…。

機種を変えながらワイモバイルに乗り換えたい!という方は、ワイモバイルでは大手携帯会社にあるような一部の最新機種の扱いが少ないということだけ覚えておきましょう。

また、最新機種でワイモバイルのプランを使いたい!という人は以下の方法がありますので参考にしてください。

最新機種でワイモバイルを使う方法

大手携帯会社で最新機種に機種変更してから、手に入れた機種を使って「ワイモバイルのSIMのみ」の契約をする

SIMフリーの機種を購入してからその機種をもって「ワイモバイルのSIMのみ」契約をする

最新機種でワイモバイルのプランを使うためには、「SIM」についての基礎知識が必須です。

もし「SIM」についてまだよくわからないという方は以下の記事を参考にしてください。

>>>知らないと損!?SIMとはなにかをわかりやすく徹底解説

まとめ

ここまで、ワイモバイルの特徴やメリット・デメリットについて紹介させていただきました。

まとめると、ワイモバイルは「通信やサービスの質を落とさずに大手よりも安く使いたい」という方におすすめ。

ただし、格安SIMの中では多少料金は割高なので、「とにかく安くしたい」という方にとっては正直微妙です。

とはいえ、「料金+サービス+通信速度」のバランスがここまで取れている会社は他にないかと思うので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

他の格安SIM会社と比較したいという方は以下を参照

>>>【2020年】格安SIMを選ぶ基準は?現役販売員がガチでおすすめする格安SIM3選

今回は以上です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

●社会人一年生 | ●格安SIMなどをはじめとした通信業界についての内容を執筆していきます。 | ●東北生まれの田舎育ち | ●好きな言葉は「一期一会」

コメント

コメントする

目次
閉じる