スマホ初心者にもおすすめできる格安SIMはコチラ >>

ワイモバイルの評判は悪い?デメリットを隠さずに現役販売員が徹底解説!

お悩みの男性

Y!mobile(ワイモバイル)って最近よく見るけど、本当に信頼性のある会社なのかな?
実際のユーザーの意見を知りたい!

お悩みの女性

ワイモバイルのリアルな「口コミ」・「評判」を把握してから契約したい。

こんな悩みを解決致します。

本記事で分かること

・ワイモバイルの口コミ・評判

・ワイモバイルってどんな会社?

・ワイモバイルの料金プラン

・ワイモバイルのデメリット

・ワイモバイルはどんな人におすすめか?

ワイモバイルは、ソフトバンクの「サブブランド」的立ち位置にいるケータイ会社。

大手携帯会社(au、ドコモ、ソフトバンク)と比較しても月々の料金が安く、「大手並みに通信速度が安定している」ことでも有名ですね。

とはいえ、「格安だから不安」という方がまだまだ多いのが現状…。

結論から言うと、ワイモバイルは「通信速度」・「サポート面」は大手並み

「料金面」は大手よりも大きく節約できるケータイ会社です。

料金面(安い順)

格安SIM>ワイモバイル>大手

サポート面(手厚い順)

大手>ワイモバイル>格安SIM

通信速度(安定している順)

大手≧ワイモバイル>格安SIM

ぴろ

本記事では、現役販売員の私が責任をもってY!mobileの「特徴」や「リアルな口コミ・評判」を徹底解説させていただきます!

「デメリット」もしっかり紹介させていただくので、もしあなたが「ワイモバイルを選んで失敗したくない…」と思っているのであれば、ぜひ本記事をご覧ください。

目次

ワイモバイルの評判は悪い!?実際の口コミをまとめてみた!

さて、ここまでワイモバイルの特徴を説明させていただきましたが、実際のリアルな「評判」を見ていきましょう!

格安SIMを選ぶ際に重要となる項目に分けて紹介していきますね。

重要となる3つの項目

  • 「料金面」の評判
  • 「通信速度面」の評判
  • 「サポート面」の評判

【ワイモバイルの評判】料金面は悪い?実際の口コミを紹介

まずは料金面の「評判」です。

ぴろ

内容をまとめておきますね。

  • 大手携帯会社からワイモバイルに乗り換えた方は「安くなった!」という口コミが多い
  • 「他の格安SIM」と「ワイモバイル」の料金を比較した方のコメントは少し厳しめ

「料金面」の良い評判・口コミ

まずは、料金面の良い口コミ・評判から見ていきましょう!

ぴろ

やはり、今まで大手携帯会社で高く使っていた方がワイモバイルに変えると、だいぶ節約になっているようですね!

「料金面」の悪い評判・口コミ

次に、料金面の悪い口コミについてです。

ぴろ

他の格安SIMと比較すると、割高に感じる方は多いようですね…。

ただし、「通信速度が安定している」という理由で、多少割高になってでもワイモバイルに乗り換える方もいます。

格安SIMを選ぶ際、「通信速度」や「サポート面」で「安心できるサービス」を求める方なら、ワイモバイルは大きな候補に挙がるでしょう!

【ワイモバイルの評判】通信速度は爆速!?実際の口コミを紹介

格安SIMを選ぶ際に、「通信速度」はやはり気になりますよね…。

ワイモバイルの通信速度は、大手並みに安定しているといわれていますが、実際の口コミはどうでしょうか?

  • 通信速度は基本的に文句なし。大手とほとんど変わらないという口コミが多かった
  • 一部地域では電波が入りにくい場合もあるようだった(ソフトバンクの電波が入らない説)

「通信速度面」の良い評判・口コミ

通信速度の良い口コミを紹介していきます。

ぴろ

実際にワイモバイルを使っている方の多くは、通信速度にとても満足しているようですね!

「お昼などの混雑時の時間帯でも快適に使いたい方はワイモバイルがおすすめ!」という口コミも多数…。

通信速度の質を落とさずに月々の料金を節約したい方には自信をもって進めることのできるケータイ会社といえますね!

「通信速度面」の悪い評判・口コミ

続いて悪い口コミ・評判についてです。

通信速度の良いワイモバイルですが、一部「悪い評判」もあります。

ワイモバイルの通信速度は基本的に安定しています。

ただし、あくまでソフトバンクと同じ通信回線…。

「ソフトバンクの電波が入らない地域」では、ワイモバイルも基本的に使えません。

ぴろ

とはいえ、これはワイモバイルに限ったことではないですよ。

実は、電波の入りやすさに関しては、大手携帯会社各社も現在進行形で抱えている悩み…。

ケータイ会社をお乗り換えする際は、そのケータイ会社の電波が自分の使う地域に対応しているかの確認はしておきましょうね!

※ ワイモバイルの対応エリアはこちら

【ワイモバイルの評判】サポート面は悪い?【結論:格安SIMの中で店舗数NO.1】

結論からいうと、ワイモバイルの「サポート面」は大手並みに優秀です。

格安SIMを契約した後の「アフターフォロー」って気になりますよね…。

困ったときや分からないことがあった時に、「相談できる環境があるか」によって携帯会社を選ぶ方もいるかと思います。

ワイモバイルは全国に直営店(ショップ)を展開しており、対面でのサポートにも対応しているのが大きな強み!

今回はそんなワイモバイルの「サポート面」においての口コミ・評判を見ていきましょう!

  • 店舗数が圧倒的に多いので、他の格安SIMに比べて安心感がある!
  • 対応の悪いスタッフがいたり、サポートセンターに繋がりにくいなどの口コミが見受けられた…。

「サポート面」の良い評判・口コミ

まずは良い口コミ・評判からです。

ぴろ

やはり、店舗でのサポートができる点が好評ですね。

スマホについてあまり詳しくない方や、高齢の方にとってサポートの手厚さは大きなポイントになりそう…。

「サポート面」の悪い評判・口コミ

悪い口コミ・評判は次の通り。

ぴろ

口コミを見てみると「店舗によっては対応が悪いこともある」という内容もちらほら見られました…。

必ずしも店舗で契約できることがプラスにはならない場合もありますね。

ケータイショップや店舗のスタッフの当たりはずれは正直なところ「運」

店舗での対応が必要な方はそれを念頭に置いておきましょう。

とはいえ、 格安SIMの多くは基本的に「店舗での対応すらできない」のがほとんど。

「スマホに関しての知識がなくて不安だ…。」という人にとっては、「店舗でのアフターフォロー」ができるだけでも大きな魅力と言えます!

ぴろ

また、「サポートセンターに電話をしても、なかなか繋がらない…。」という声もちらほらありましたね。

ぶっちゃけ、大手携帯会社でもよくある話ですが、ワイモバイルの「電話サポート面」を期待している方に関しては、注意が必要です!

ワイモバイルってどんな会社?【特徴を解説】

  • ソフトバンクと同じく「ヤフー関連サービス」の恩恵を受けれる
  • ソフトバンクと変わらない通信速度(=大手並み)
  • 格安SIMの中で店舗数がNO.1(ダントツ)

ワイモバイルは、「ソフトバンクグループ」が提供している会社。

「ソフトバンクグループ」なので、「ヤフー関連のサービス」をお得に使うこともできちゃいます。

例:Yahoo!プレミアムが無料で使える

ぴろ

「Yahoo!プレミアム」は、月々508円(税込)の有料サービス。

こういった特典を無料で使えるのは嬉しいですよね♪

「Yahoo!プレミアム」の特典内容は以下の通り。

  • PayPayポイントの還元率がかなり優遇される
  • 「Yahoo!ショッピング」や「ロハコ」、「PayPayモール」で、いつでも対象金額の最大3%戻ってくる!
  • ヤフオク!の機能が無制限に使える
  • 雑誌110誌、マンガ13,000冊以上がすべて読み放題!!
  • プロ野球パ・リーグや国内バスケットボールの試合を視聴可能
あゆみ

ソフトバンクと同じような特典を受けれるのは嬉しいですね!

ちなみに、格安SIMは「通信速度が遅くなる」ってよく聞くけど、ワイモバイルはどうなのかな?

ぴろ

結論、ソフトバンクとほぼ変わらない通信速度ですよ!

ワイモバイルは、ソフトバンクの「サブブランド」として、「ソフトバンクと同じ通信回線」を使っています。

「回線を借りている」というわけではないので、「ソフトバンクと変わらない通信速度」を保てるのが大きな魅力。

あゆみ

料金が安いのに、大手携帯会社と通信速度が変わらないのは魅力的です!

でも、契約後のアフターフォローとか、困ったときに相談できる窓口がないと困るな…。

ぴろ

安心してください。「ワイモバイル」は、格安SIMの中で店舗数がNO.1なんです!

大手のように「実店舗」も全国に展開されているので、スマホ初心者にもおすすめできますね。

「格安SIM」の多くは店舗が少なく、「電話」や「WEB」での対応がほとんど。

しかし、ワイモバイルは「全国に店舗がある」ので、サポート面に関しても大手に負けていないくらい優秀。

ぴろ

「通信速度」・「サポート面」ともに「格安SIMの中でトップレベル」なので、「サービスの質を落とさずに節約したい方」には特におすすめのケータイ会社と言えますね!

まとめるとこんな感じ

  • 通信速度はソフトバンクと同じ=大手並み
  • ソフトバンクと同じく「ヤフー関連」のサービスをお得に使える
  • 全国に直営店(ショップ)を展開=サポートも大手並み

ワイモバイルの料金プラン【3つのシンプルな格安プラン】

ワイモバイルの料金プランはかなりシンプル。

データは定額で、S/M/Lの3種類のみです。

プラン Sプラン Mプラン Lプラン
月額料金※1 2,178円(税込) 3,278円(税込) 4,158円(税込)
データ通信量※2 3GB/月 15GB/月 25GB/月
通信制限後の最大速度 300kbps 1Mbps
通話オプション ・10分/回かけ放題=770円/月
・24時間かけ放題=1,870円/月
最低利用期間 最低利用期間・解約金なし
あゆみ

ほー!プラン自体はすごくシンプルなんだね!

ぴろ

そうだね。
シンプルなプランだから、自分が月々使用している「データ通信量」や「通話量」さえわかれば無駄のないプラン選びができるね!

また、ワイモバイルはここから割引やキャンペーンでおトクに使えます。

※1 月額料金

上記の基本料金から割引が入ります。

家族割
=2回線目以降の各基本プランから永年-1,188円割引

おうち割光セット
=対象の固定通信サービスとセットでの利用で、固定回線1契約につき1回線永年-1,188円割引

※家族割とおうち割の割引併用は不可

家族割とおうち割光セットの割引併用はできないので、両方の条件を満たしている方は以下のようになります。

割引後の価格は以下の表ですね。

Sプラン(3GB) Mプラン(15GB) Lプラン(25GB)
2,178円(税込) 3,278円(税込) 4,158円(税込)
☆家族割・おうち割光セット☆
△1,188円(税込)
990円(税込) 2,090円(税込) 2,970円(税込)

※2 データ通信量

ワイモバイルは、新規契約または契約変更で月額550円の「データ増量オプション」が1年間無料で利用可能。

増量後のデータ量は次のとおり。

シンプルS
=3GB→4GB

シンプルM
=15GB→18GB

シンプルL
=25GB→28GB

ぴろ

1年過ぎたら「データ増量オプション」のオプション料金550円はふつうにかかってしまうので、注意!
使わない方はオプションを外せばOK。

ワイモバイルの4つのデメリット【契約前に必ずチェック!】

ワイモバイルは「通信速度」や「サポート面」からもわかるように、「大手携帯会社に限りなく近いケータイ会社」です。

ただし、メリットだけでなく当然デメリットもあるので事前に確認しておきましょう!

ワイモバイルの注意点

  • 格安SIMの中では料金が割高
  • データ繰り越し・節約ができない
  • データ大容量プランがない
  • キャリアメールアドレスは引き継げない

【デメリット1】格安SIMの中では料金が割高

ワイモバイルは、大手携帯会社と比較するとかなり格安。

「1人あたり年間2万円近く節約できている」という方もいるので、家族で料金の見直しをするとかなりの節約が見込めそうですね。

しかし、実は「他の格安SIM会社」と比較すると多少料金が割高!

ワイモバイルは、他の格安SIMと比較すると多少料金が割高

UQモバイルワイモバイル楽天モバイルBIGLOBEモバイルIIJmioマイネオ
データ通信3GB3GB3GB3GB4GB5GB
料金1,628円
(税込)
2,178円
(税込)
1,078円
(税込)
1,320円
(税込)
1,078円
(税込)
1,518円
(税込)
格安SIM各社の料金比較

上記の金額は、家族割や光回線とのセット割引を含めない基本料金での比較です。

ぴろ

安い会社と比較すると、500円~1,000円ほど割高になるケースもありますね。

同じ3GBのプランでも、他の格安SIM会社の中ではワイモバイルより1,000円/月ほど安い会社もあるので、とにかくスマホ代を安くしたい人は要注意です。

  • 大手並みの通信速度の安定感
  • 大手並みのサポートの充実性

上記を重視する方は、多少の料金面での妥協は必要ですね。

とはいえ、上記はあくまで「割引なしの基本料金」の比較。

ぴろ

ワイモバイルでも、家族割・おうち割などの「セット割引」を併用すれば、他の格安SIM会社と比較してもそこまで料金は高くないですよ!(最安990円/月

【デメリット2】データ繰り越し・節約ができない

ワイモバイルは、一部の格安SIMにあるような「データ繰り越し・節約」機能がありません

データ繰り越し機能

データ繰り越し機能は、当月中に余ったデータ通信量を翌月に繰り越しができる機能

例えば、「月々3GBの契約」をしているのに、当月中に「2.5GB」しか使わなかった場合は、「0.5GB」余りますよね。

データ繰り越し機能は、この余った0.5GBを翌月に繰り越すことができるので、次の月は「3.5GB」ものデータを使えます。

毎月のデータ通信量を無駄なく使いたい方にとってはかなりうれしい機能ですが、ワイモバイルにはデータ繰り越し機能がありませんので要注意!

データ節約機能

データ節約機能は、データ通信速度を「低速」にすることで、データ消費をせずに通信が行える機能です。

この機能をうまく使えば、「WEB検索」や「LINEアプリ」ぐらいであれば低速ではありますが、実質使い放題にすることも可能。

ただし、ワイモバイルにはこう言った「データ節約機能」がないんですよね…。

代わりに、ワイモバイルの「スマホベーシックプランMまたはL」なら、通信制限がかかっても最大で1Mbpsの速度がでます。

最大1Mbpsでできること

  • 動画視聴(標準画質まで)
  • サイト閲覧(画像読み込みは遅い)
  • 地図アプリ
  • LINE
  • Twitter(画像読み込みは遅い)
  • Instagram(読み込みは少し遅め)
  • 音楽
ぴろ

通信制限かかってもここまでできれば十分ですよね!

【デメリット3】ワイモバイルはデータ超大容量プランがない

ワイモバイルにはデータ超大容量プランがありません。

最大で、25GB/月のデータプラン…。

なのでYouTubeを高画質でたくさん見る方や、Wi-Fi環境がないもとでアプリをダウンロードをしている方だとデータ通信量が足りなくなる可能性があります。

いくら制限後の通信速度が1Mbps出るといってもあくまで「低速通信」

快適に使うことができない場面も必ずでてきます。

ぴろ

自分自身がスマホで「どのような作業」を「どのくらい行うのか」を把握していないと、ワイモバイルのプランではデータ通信量が足りず、快適には使えない可能性もあるのでしっかり確認すべし!

【デメリット4】キャリアメールアドレスを引き継ぐことができない【提供はしてます!】

大手からワイモバイルに乗り換える際は、キャリアメールアドレスを引き継ぐことはできません

キャリアメールアドレスとは、携帯会社が独自に提供しているメールアドレスのこと。

キャリアメールアドレス

  • au = ezweb.ne.jp
  • ドコモ = docomo.ne.jp
  • ソフトバンク = softbank.ne.jp

上記のメールアドレスをメインに使っている方は、アドレスを引き継ぐことができませんので注意!

ぴろ

キャリアメールを利用して何かに登録している方(ショッピングサイト・会社など)は、乗り換える前に「Gmailアドレス」などのフリーメールアドレスに変更しておきましょうね。

またワイモバイルは、格安SIMの中ではめずらしく、「独自のキャリアメールアドレス(@ymobile.ne.jp)」を提供しています。

今時ほとんどありませんが、学校や会社への連絡先として、「どうしてもキャリアメールじゃないとダメ!」という決まりがある場合でも、ワイモバイルなら問題なしですね。

他にもキャリアメールを提供できることによって、「フリーメールだとメールが届かないことがある」といわれる「ガラケー」の方とやり取りする場合でも困らずに済みます。

ぴろ

ぶっちゃけ、メール関係において、大手とできることは変わりませんね。

「キャリアメールが変わるのが不安」という理由で、高いスマホ代を支払っている方は、実質「メールアドレスに月々2,000円ほど支払っている」ようなもの。

本当にもったいないで、ぜひ一度見直しを検討してみてはいかがでしょうか?

ワイモバイルはどんな人におすすめ?【結論:万人受けはしやすいです】

ワイモバイルは以下のような人におすすめ!

  • 「総合的なサービスの質」を落とさずに大手よりも節約したい方
  • 家族でまとめて使いたい方

ワイモバイルは、「大手ケータイ会社に最も近い格安SIM」といっても過言ではありません。

店舗含めてのサポート面・通信速度面で大手に劣らず、大手よりも料金が安い。しかもキャリアメールも使えます。

料金面(安い順)

格安SIM>ワイモバイル>大手

サポート面(手厚い順)

大手>ワイモバイル>格安SIM

通信速度(安定している順)

大手≧ワイモバイル>格安SIM

ぴろ

正直、ケータイ販売員のわたし目線でも、ここまで安心しておすすめできるケータイ会社はほとんどないです。

もちろん、ワイモバイルよりも節約できるケータイ会社はたくさんありますが、「総合的に安心できる」という面が強いですよね。

ぴろ

「スマホについてあまり詳しくないなら、とりあえずワイモバ選んだら?」と言えるくらい、バランスの取れているケータイ会社って感じですね!

また、家族割や固定回線(ネット)とのセット割引も充実しているので、家族でおトクに使えるのもうれしいポイント!

実際に乗り換えた方の評判も載せておきますね。

結論、「ソフトバンク」から「ワイモバイル」に乗り換えた方の口コミを見ると、「料金が安くなった」以外は、使い勝手はほとんど変わらないという評価を受けています。

実際に、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える手順を解説している記事もあるので、参考までに。

「格安SIMに変えるのは不安だけど料金は安くしたい」

こういった方は、「通信速度面は大手並み・サポート面が充実している・キャリアメールも提供」という点で、ワイモバイルを選んでおけば安パイでしょう。

ワイモバイルの評判は悪い?デメリットは?:まとめ

以上、ワイモバイルの評判は悪い?デメリットを隠さずに現役販売員が徹底解説!をお送りさせていただきました。

最後に内容をまとめておきます。

ワイモバイルの口コミ・評判

【月額料金の面】

大手より節約できることがほとんど。

しかし、他の格安SIMと比較すると多少料金が割高。

【通信速度の面】

「大手並みに安定している」という口コミが多い。

ただし、一部地域では電波が入りにくく、遅い場合もある。(ソフトバンク回線の電波がイマイチな地域)

【サポート面】

全国に直営店(ショップ)があるので安心。

しかし、大手同様、センターに繋がりにくかったり、店舗によってはスタッフの対応が悪い場合もある。

ワイモバイルはどんな会社?

  • 通信速度が大手並みに安定している
  • ソフトバンクと同じ「ヤフー関連」のサービスをお得に使える
  • 全国に直営店(ショップ)を展開しているのでサポートが充実している

ワイモバイルを選ぶ際のデメリット4つ

  • 格安SIMの中では料金は割高
  • データ繰り越し・節約ができない
  • データ大容量プランがない
  • キャリアメールアドレスは引き継げない

ワイモバイルをおすすめできる人

「総合的なサービスの質」を落とさずに大手よりも節約したい方

ワイモバイルは、「格安SIM初心者の方」にもとてもおすすめできる携帯会社。

携帯料金が高くて悩んでいるけれど、お乗り換えは不安」という人はぜひ一度チェックしてみましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

現役ケータイ販売員が業界の知識を活かして、格安SIMの情報を発信しています。お乗り換えで失敗しないように「わかりやすく」を意識して解説していきますので、ぜひ参考にしていただけたらうれしいです!

コメント

コメントする

目次
閉じる